満足度No.1の電話占いで占い師募集!

占い師のこと

電話占い師とは?

占い師募集よく電話占いというものを聞きますが、電話占い師が具体的にどのような仕事で、その職に就くにはどうすればよいかについてご紹介していきます。

電話占い師とはどういうもの?

電話占い師といっても基本は普通の占い師と同じことです。異なる点と言えば「電話で話をする」ということぐらいで、あとは対面式の占いと同じように鑑定を進めていきます。鑑定料はさまざまですが、1分間に200円~400円程度が相場だと言われています。占う方法に関しては対面式の占いと同様さまざまな種類があり、一見電話では不可能に思える手相占いや人相占いさえもスマホのカメラを利用して行っている所もあります。しかし電話ってなると早く占えるものがよく利用されるので、主流となっているのは、霊視、霊感占い、水晶玉などといったインスピレーション重視の占いがよく利用されます。

占い師になる為に必要なもの① 事前の学習が大事

占い師になるために資格などは必要ありませんが、全く占いの知識がないのではまず占い師になるためのオーディションが受かりません。そして何より、稼げる占い師になるためには事前の勉強は欠かせません。勉強の方法は大きく分けて二つあり、独学で学ぶ方法と専門学校に通う方法があります。独学で学ぶ場合は本屋などで占い関係の本を購入して学習をすれば比較的安上がりですし、自分のペースで勉強ができるというメリットもあります。専門学校に通う場合は占いの基本的な技術などが系統立てて積めるうえに、講師や生徒たちとの繋がりもでき、そのことが将来役に立つこともあるでしょう。しかしどちらにもいえることですが、机上での学問を習得しただけでは占い師としては不十分ともいえるでしょう。そこでオススメな学習術は、有名な占い師のもとに利用客として訪れ、実際に占ってもらう方法です。複数の占い師のやり方をよく観察し、なぜ彼らに人気があるのかを分析していけば、自分が占う側になった際に大いに参考になるでしょう。最初はそのやり方をまねしながら次第に自分ならではの占いの形を身につけていけばよいのです。

占い師になるのに必要なもの② 会社選びが大事

電話占いにはたくさんの会社があります。占い師になる際に必要なのが会社選びです。選択基準として主なポイントは3つあり、一つめはきちんとした会社が運営しているかどうかです。応募したい会社があれば、そのホームページを見て占いのほかにどのような事業を行っているかをチェックしておきましょう。また、占いサービスの運営期間も重要です。5年以上サービスを続けているのであればある程度の売り上げがあり、利用者も多く集まっていることがうかがえます。逆に、開業してから1~2年の会社は判断ができないため、避けた方が無難でしょう。